2014年10月4日土曜日

Windows 10 (Threshold) のTechnical Preview ファーストインプレッション

Microsoftもずっと前から採用しているTick-Tockモデル。革新的で使いづらいOS(Tock)とそれを改良した使いやすいOS(Tick)が交互に来るように(本人の希望とは関係なく)開発が続けられています。今回はTickに相当するので使いやすく普及するハズ、ということでTechnical Previewから話題に乗ってみることにしました。

見た目はWindows 8.xとあまり変わっていません。Windows 7ともデザインは若干違いますがユーザーインターフェースとしては変化がほとんどないと考えて良いと思います。違いがあるのはスタートメニューがスタートスクリーンの機能を包括して復活した点と、Modern UI(メトロUI)のアプリがウィンドウモードで利用できるようになった点でしょうか。

1 2

スタートメニューの方は左右二つのゾーンに分かれている感じで、左側は普通のスタートメニュー、右側がスタートスクリーン部分で、通常のアプリとModern UI(メトロUI)のアプリどちらも双方に表示することが可能で互いに移動もできます。ちなみにスタートスクリーン部分は、全部なくなると表示部分も縮小されてクラシックスタイルに近いスタートメニューのようになります。

4 5

スタートボタンを押した時にスタートメニューを表示するか、スタートスクリーンを表示するかは選ぶことができます。

3

タスクバーは、スタートボタンの他に仮想デスクトップボタンと検索ボタンとが追加されており、これらは確認した限りメニューなどからは消すことができないようです。(たぶんレジストリとかでなんとかなりそうですが) また、タスクトレイ付近にスクリーンキーボードのボタンがあり、ワンタッチで起動できます。私はPCのテストなどでキーボードを接続せずに使ったりするときにスクリーンキーボードをよく使うので地味に便利だと思いました。

55

エクスプローラはアイコンが変わったため雰囲気が違いますが基本はWindows 8.xと同じで、Windows 7と比較しても大きな違いはないと言えます。Untitled

余談ですがウィンドウそのものはWindows 8.x系とほぼ同じですが×ボタンが右端に寄っているなど若干違いがあるようです。また、Windows 8.0で廃止されたAeroですが、タスクバーの半透明だけはなぜかWindows 10でも残っています。

標準アプリはWindows 7からの方針で必要最低限のものに絞られていますが、Internet Explorer とWindows Media Player ともに現行バージョンと同じで、それぞれInternet Explorer 11とWindows Media Player 12でした。

12 10

なお、Windows Media Playerはアクセサリフォルダに入っており、その扱いに若干変化はあるようです。メモ帳と同等扱いとは。。。

7

コントロールパネルは日本語じゃないので、どれとどれが対応するのかイマイチ分らなかったですが、どうも『Work Folders』なるものは新しい機能ではないでしょうか。また、デバイスマネージャを見るとメモリにもデバイスが充てられており、Windows XPでCPUが追加された時と同じように省エネ管理などをきめ細かくできるようにするのではないかと思われます。

11 2

以上、ファーストインプレッションでした。

結論からすると、『普通に使えるOS』だと思います。正直なところ、Windows 8.xにClassic Shellなどのスタートメニューのソフトを入れた場合とほとんど変わらないと思います。ですから面白みはないですが、一般の人にとってはWindows 8.xの時のように躊躇する必要もなく歓迎されることは間違いありません。

ですが、それ以外に魅力に乏しいのも事実です。Windows 8.xにスタートメニューを追加して使っている人にとっては追加機能はほとんどなく、Windows 7のユーザーにとってもファイルコピーが高性能になったとかタスクマネージャが良くなったとか、些細な変化に留まっているためアップグレードする価値を感じられるかどうかは人によると思います。

ただ、新しくPCを買えばWindows 10が付いてきて、買い控える要素もなく、Windows 8系からも無料でアップデートが予想されていることから、Windows 10のシェアが高くなることは明らかです。シェアが高いこと=ユーザー数が多いことはすべてにおいてプラスに働くので、そういった意味ではメリットはあると考えられます。

PC好きにとってはいささか面白みに欠けますが、そういう意味も込めて『普通に使えるOS』という結論に至ったわけなのです。

 

余談ですが、Windows 10ならではの機能としてはModern UIのアプリがデスクトップアプリと同じように使える機能があります。Modern UIの普及状況は現状ではかなりアレなようですが、デスクトップアプリと同じように扱えることで、PC上で通常のアプリに対するハンディは解消したと言えます。(いちいち画面が切換えられるのにイラっとした方も多いのではないでしょうか。)

Modern UIはタブレットやスマホ向けのアプリと共通のコードでアプリを作ることができるので開発側にはメリットがあります。タブレットやスマホでWindowsが増えるとしたら、対応アプリも増えてくる可能性があり、そうなるとWindows 10はメリットがあることになります。

もちろん、スマホ用とデスクトップPC用でGUI(グラフィックユーザーインターフェース)をどうすべきかなど課題もありますが、行く末がきになる部分ではあると思います。

 

ところで、製品版のビルドですが、Windows 10だけにBuildは10000にするんじゃないかと思っているのですがどうなるでしょうか。案外、これも名称をWindows 10に決めた理由の一つではないかなどと思っています。

2014年9月13日土曜日

Intel チップセットのRAID機能でRAID5をやってみる

メインで使っているマシンのデータ領域に500GBのHDD2台使ってRAID1(ミラーリング)をして使っていたのですが、空き容量が心許ない状態に。新しいHDDを買うにしてもカネもかかるし、データの移し替えとか面倒だなぁ~なんて思っていました。

そんな折り、あれ、同じHDDをもう一個つけてRAID5にすれば容量2倍でウマウマじゃん?ってことに気づいてしまいました。これでデータを移動せずにRAID1→RAID5とかに出来たら最高なんだけど、さすがにないか。

RAID1からRAID5にデータを入れたまま変更

が、不可能を可能にするメーカー、それがIntelさん。追加のHDDを取付けて起動しIntel Matrix Storage Managerを開けてみたら、HDDがあるけどRAIDに組み込んじゃう?的なノリのメッセージが出ています。あんまり興奮したためスクリーンショット取り忘れました(笑)。

その後、バックグラウンドで処理が行われます。その間も通常通りHDDの中身も使えます。ちなみにこの処理結構時間がかかります。ミラーリングのリビルドと同じくらいでしょうか。無事に100%になっても今まで通り普通にデータにもアクセスできます。

そして、今まで通り容量も変わりません。あれって思ってよく見ると管理のページに『サイズの増加』というそれらしい項目が増えていました。

1

『サイズの増加』を選択すると増やすよ的なダイアログがでてくるのでOKを押します。人の話をよく聞かないことに定評がある私、ダイアログに再起動してディスクの管理を見て下さいと書いてあります。完了しても反映されてなくて戸惑いました。こんなところに書いてあったんですね、これ書いていて初めて知りました(笑)。

2

ちなみにこれも先ほどと同じくらい時間がかかります。完了して再起動すると無事にIntel Matrix Storage Managerの容量が増えています。そしてコンピュータの管理画面のディスクの管理でパーティションの後ろに同じ容量の領域が増えていることが確認できました。

3

4

チップセットのRAID5 使用感

使用した感覚としては、ものすごく遅いです。一応CrystalDiskMarkの結果を貼っておきますが、データがたんまり入った状態なので参考程度にみていただければと思います。ちなみにCPU占有率はほとんど上昇せず、CPUへの影響は無視できるレベルと言えます。

5 6

昔はハードウェアでパリティ演算を行うチップを載せたものと比べて、半分ソフトウェア処理のチップセット内蔵のRAID機能や格安RAIDカードはRAID5ではCPU使用率が高いと言われていましたが、昨今の高性能なCPUの前ではこの程度の演算では誤差のようです。

RAIDの移植

Intel チップセットのRAID機能のメリットは安くて安定しているのがウリだと思いますが、もう一つ互換性もあげられると思います。Intel チップセットで組んだRAIDは、異なるマザーボードでもIntel チップセット(世代は違ってても可)のRAID機能があればそのまま移植できます。

一般にRAIDコントローラが壊れると、同じコントローラを積んだボードを用意しないとデータが読み出せなかったりしますが、Intel チップセットのRAIDはマザーボードが壊れてしまっても別のマザーボード(Intel チップセットのRAID機能搭載)に移し替えればデータを読み出すことができるのです。

今まで、RAID0とRAID1はやったことがあるのですが、RAID5は初めてでしたが、普通に認識して使用できました。Intel Z68 → MSI P55で、マザーボードメーカーもチップセットもRAID機能の世代も違いますが問題無いようです。 すばらしいですね。

結論

Intel チップセットのRAID機能は、一般的にはオマケ的な扱いで、OFFにすると起動時間が短縮されるもの程度に扱われたりしますが、かなり便利なしろものだと思います。

今回分った RAID1→RAID5への使用しながらの変更や、別のマザーボードでも使える互換性など高価なRAIDカードに勝るとも劣らない利便性があるのではないでしょうか。また、以前は課題だったCPU占有率の高さも、昨今のCPUの高性能化によって負荷が高いRAID5ですらほとんど影響がないと言えます。

ということで、あまり使っている人がいない、Intel チップセットのRAID機能を使って、RAID5を使ってみたレビューでした。

なお、この手の作業を行う前には必ずデータのバックアップは取っておいた方が良いと思います。HDDを弄るときはバックアップ、これ基本、99%は杞憂に終わりますが残り1%のためにぜったいやっておくことをオススメします。

2014年9月9日火曜日

WD My Book Duo

前回投稿してからだいぶ間が開いてしまいましたが、そろそろWindows 9のプレビューなども始まりそうなので、筆慣らしがてら、先日購入したWD My Book Duoのレビューをしてみたいと思います。

1 2

WD My Book DuoはUSB 3.0に対応した外付けHDDで2基のHDDを使ってRAIDが使えるのがポイントです。同じようにRAIDが使える製品は、BUFFALOのHD-WLU3/R1シリーズや、G-TechnologyのG-RAIDやLacieの2big quadraシリーズなどがありますが、高級品が多く仕事で使っている人を除いてあまり一般的ではないかもしれません。

どんな用途に向いているか?

RAIDについて詳しくは割愛するとして(大雑把に言えばRAID0は速度2倍・故障のリスク2倍、RAID1は速度等倍・故障リスク半分)、外付けHDDでは速度は期待できないのでRAID1がメインになると思われます。

最近ではチップセット(PCの基本機能)でRAIDをサポートしているものが多いので、自作PCや2台以上HDDを搭載できるPCを使っている場合は内蔵HDDでRAIDを作った方が速度の面でもコストの面でも有利です。

例えば今回My Book Duo 2TB×2を32000円くらいで購入しましたが、中身のHDDは9000円×2=18000円くらいで購入できます。(2014年9月現在)

では、外付けHDDでRAIDを使う理由として考えられるのは

  1. ノートPCや小型PCでHDDを2台以上内蔵できない
  2. 押し入れと同じ感覚で、普段使わないデータはPC内に入れておきたくない

この2点だと思います。(1)は必然的に外付けになりますが、2は好みかもしれません。ちなみに私の購入動機は(2)です。(2)はウィルスに感染してデータが流出したり、誤ってデータを削除するなどのリスクを低減するメリットもあります。(接続したときだけデータにアクセスできるため)

なお、(1)の場合はRAID対応のNASを使うという選択肢もあります。こちらは複数台のPCからアクセス・データの共有ができる、外出先からアクセスできる、離れた場所に置ける、無線LANでも接続できるなどのメリットがあり、USBタイプよりもむしろ主流のようです。

ただし、NASはネットワークに接続されて常時アクセス可能なため、セキュリティ的にはUSBなどでの接続にくらべてリスクは増大します。また、共有する必要のない個人的なデータであったり、滅多に使わないデータだったりする場合はUSBタイプの方が向いていると思います。

外付けHDDに長らくBAFFALOのHD-WIU2/R1シリーズの250GB×2モデルのHDDを2TB×2に交換したものを使っていました。型落ちで比較的安かったのですが(10000円くらいでしたでしょうか)、2TBにも問題無く対応して今でも現役で使える製品です。

しかし、搭載できるHDDは2TBの壁があるのでこれ以上大容量のものは搭載できません。最近になって使用容量が2TBに迫ってきたため新しいものを検討するに至りました。

My Book Duo

 

WD My Book Duoの最大の利点は、HDDメーカーでシェアNo.1のWestern Digital製である点に尽きると思います。もっとも、自作をしない方はあまり聞き慣れないかもしれません。BaffaloやIOじゃないの?と思いますよね。

HDDを作っているメーカーは3社しななく、Western Digitalと、Seagate、そしてToshibaです。ちなみにHitachiも見かけるかもしれませんがWestern Digitalに買収されて現在は傘下にあります。実はBaffaloやIOデータはこの3社からHDDを購入して自社の製品に入れて売っているのです。ちなみに、家電のBDレコーダーやHDD内蔵TVなどのHDDもすべて中身はこの3社が作ったモノです。

ですので、My Book Duoのメリットは

  1. HDDを知り尽くしたHDDメーカーがケースも作っている
  2. Western Digital製の指定HDDなら交換自由
  3. 最初に搭載されたHDDが分る

BaffaloやIOデータなどのメーカーでは中身にどこのメーカーのどの製品が入っているか分りません。いや、実は箱に貼ってあるシールで見分けが付くとかいう裏技もあるのですが、基本的には分らないことになっています。

また、交換するHDDはメーカーがオプションとして売っている割高なHDDを購入する必要があります。実際にはそれ以外のHDDでも問題無く動くことが多いのですが、保証がきかなくなりますし、一見安定して動作していてもやっぱり保証外の行為なのでやや不安になります。

My Book Duoであれば、秋葉原で安く売っている自作用のHDDを選ぶことが出来ますし、後から容量の大きいものにアップグレードもできます(2台まとめて交換する必要あり)。

また、購入時には信頼性に定評のあるWestern DigitalのRedシリーズが入っているので、外付けHDDとして使っていても安心ですし、中身をアップグレードした後に流用しても安心して使うことができるものです。

5

実際に使ってみたところ

前置きがものすごく長くメインに鳴ってしまいましたが、実際に使ってみたレビュー。

使い勝手

普通です。いや、まぁPCに接続して使うという部分においては良い意味で普通に使えます。USB 3.0なのでUSB 2.0の前のやつに比べて速度はかなり向上しました。

ソフトはWD DriveUtilitiesとWD Security、そしてWD SmartWareです。DriveUtilitiesでRAIDモードを設定し、Securityで暗号化を設定します。SmartWareは状態監視やスケジュールバックアップなどが行える統合ソフトですが、常駐するので最初の2つだけで良いと思います。

デザイン

前面が金属製で表面処理もされており、なかなか高級感のあるデザインです。シルバーではありますが、やや黒っぽいシルバーです。(下のMac Miniと比較すると一目瞭然) デザイン的にはMacと合うのではないでしょうか。

ACアダプタはものすごく使いづらいもので、大きさというよりもこの位置が大問題です。マジでこれ設計した人は延長ケーブルメーカーからワイロでも貰っているんじゃないかって思うくらいです。

3 4

信頼性

ここにきて致命的な欠点があることが判明。My Book DuoをRAID1(ミラーリング)した状態でデータを書き込み、HDDを取り出してPCに接続して読めるかテストしたのですが未フォーマット状態と認識されて読めませんでした。

サポートにメールして確認しましたが、これはハードウェアの仕様とのことです。つまり、HDDは2台とも無事でも本体(ケース)が故障したらデータは読むことができなくなるということです。

その後サポートからケースの交換で読めるようにできるとの回答を貰ったのですが、サポートに修理に出したらとも書かれているので、単純に同じケースを買ってくれば解決というわけではないのかもしれません。

結論

信頼性がウリのRAID1対応機種でしたが、本体が壊れた場合にはデータの救出が困難になるという致命的な欠点があることが判明。今使っているBAFFALOのHD-WIU2/R1は中身のHDDをPCにつないで簡単に読み出せるので乗り換えるのを保留することにしました。

稼働部をもつHDDに比べて故障は少ないとはいえ、人が作るモノなので壊れることはあります。ちなみに、NASではQNAPがそのことに言及していて、仮に本体が壊れた場合でも同じか後継機種に載せ替えればデータを読むことができると明記されています。

ということで、WD My Book Duoの話を長々としてきて結論としては、データが大事ならQNAPのNASがオススメという結論に至りました。。。どうしてこうなった?